知的財産権の保護は、現代的な問題でもありますが、ファッション業界では、意外な面もあるようです。

おしゃれを楽しむために

おしゃれを楽しむために

ファッションと知的財産権

現在、企業においては、知的財産権を重要視しているようです。
自分たちが生み出したものの権利であり、重要な収益源ともなるからです。
とりわけ、家電などのような機械産業においては、特許を取ることで、莫大な利益となることもあります。
無断使用できない措置とも言えるでしょう。
また、音楽などであれば、著作権が該当します。
最近、著作権法が改正され、違法ダウンロードができなくなりました。
それについては、色々な意見があり、なおかつ、技術的な問題もあるようですが、いずれにせよ、著作権については、厳しい対応が必要な時代となっているようです。
では、ファッション業界では、どうなのでしょうか?
デザイナーなどが創造性を発揮して作り上げるため、知的財産権があるように思われます。
しかし、実情は異なります。
知的財産権が正式に認められていないようで、近年では、しっかりした法基盤などを求めている動きもあります。
もちろん、世界的に有名なデザイナーであれば、著作権や商標権などを登録している可能性があります。
海外においては、日本よりも守られている面があるかもしれません。
しかし、ファッション業界の場合、商品を次々に売り出すことが重要であり、しかも、大量生産が重要であるため、自由に改変などができるのが望ましい面もあるようです。
想像は模倣からとも言われていますが、ファッションにおいては、なおさら、下地を改変することで、新しいものが生み出されるようです。
しかし、創造性を確保するという意味では、著作権などの知的財産権が大事となります。
近い将来、現状が変わる可能性もあるようです。

Copyright (C)2018おしゃれを楽しむために.All rights reserved.