借りた商品にキズをつけても、通常は、保証制度の対象となっています。

おしゃれを楽しむために

おしゃれを楽しむために

キズつけてしまったら

借りたものであれば、必ず返却することになります。
原状回復という言葉がありますが、注意をしながら利用し、もう一度使えるような状態で返すのが、セオリーとも言えます。
しかし、時にキズを付けてしまうこともあります。
これは、ファッションレンタルにおいても、当てはまることです。
では、キズを付けてしまったのであれば、どのようになるのでしょうか?
まず、基本的には、レンタカーと同様です。
すなわち、レンタル料金に保証が掛かっているため、キズを付けても、補償金を支払うということがありません。
したがって、常識を持った使い方をしていれば、キズを付けることはなく、しかも、補償金を支払う必要もありません。
けれども、たとえばあまりにもひどいキズの場合、別途請求される恐れもあります。
明らかに故意でやった確認できるものでしょう。
たとえば、ハサミなどでギザギザにしていたり、燃やしてしまったりなどです。
事故であると認められるようであれば、問題はないですが、そうではないのが、保証でもあるでしょう。
仮に心配なようであれば、ファッションレンタル側に問い合わせをし、もしもの場合の対応を確かめておくべきでしょう。
いずれにせよ、通常は、保証制度があるため、キズをつけてしまっても、余計なお金を支払う必要はありません。

Copyright (C)2018おしゃれを楽しむために.All rights reserved.