ファッション業界であっても、営業センスが求められるバイヤーの存在があります。

おしゃれを楽しむために

おしゃれを楽しむために

バイヤーもある

ファッション業界と言っても、色々な役目の人がいます。
代表的なところでは、デザイナーになり、業界の中では、花形になるのかもしれません。
しかし、それでは商品の意味がなく、なんだかんだ言っても、お客に買ってもらう必要があります。
そこで重要になるのが、バイヤーになるでしょう。
もっとも、バイヤーの場合、小売業者の人になり、ファッション商品の買い付けを担当します。
どういうものが流行りであり、何が売れるのかをしっかり確認しておくことが重要です。
市場調査が欠かせないものであり、新商品の企画などがあれば、それを情報として入手し、早めに手を打つ必要があります。
企業の最先端を行く職種でもあり、利益が出れば、やりがいもあるでしょう。
実際の作り手ではないですが、それでも、商品を見抜く力が必要です。
今ではネットショッピングも当たり前となり、大きなお金が動く市場となっています。
中には、インターネット専門のバイヤーもいるため、ネットビジネスに興味のある人には、最適かもしれません。
なお、バイヤーになるためにも、必須資格などは入りません。
実スキルが重要となりますが、営業経験がある方が、業務になれやすいかもしれません。
また、時に店舗に赴き、レイアウトなどを指示することもあります。
これもまた、大事な業務であるとも言えます。

Copyright (C)2018おしゃれを楽しむために.All rights reserved.